レーシックの後遺症は一時的

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。
レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。 視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。

 



レーシックの後遺症は一時的ブログ:19-01-12

体操は、減量には有効だと思います。
でも、体操のタイミングや頻度を間違えると、
体操しているのにまったくやせないということもあるんですよね。

「三月も頑張っているのに、全然やせない!」
これは、少々ハードな体操を始めた人が陥りやすい錯覚なんです。

どれだけハードな体操をこなしたとしても、
1日で消費したエネルギー以上に食べていればやせることはありません。

「これだけ体操したのだから、少し多く食べても大丈夫」
というのは間違いです。

実際、1回の体操による脂肪燃焼の効果というのは、
ごくわずかなのだそうです。

そこへ体操したことを口実に
いつも以上にエネルギーを摂取すれば、脂肪が増えて当然!

体操することで減量につながるのは、
エネルギーの消費だけではなく、
筋肉量の維持や増加で基礎代謝量を増やして、
太りにくい身体にしていくことにあるのです。

体操を始めるのであれば、
最低でも現状の食事量を維持、または減らすことが最優先です。

体操を減量に取り入れる場合は、
定期的にできる体操を選ぶことが絶対条件です。

どんなにハードな体操でも三日坊主では何もなりません。
しないよりはましでしょうが、
一週間に1度程度の激しい体操をしても、
それほど減量には効果が無い場合が多いのです。
少なくとも週に3回程度できる体操が良いとされています。

しかし、どんなにきつい体操でも
根性で続ければよいのかと言うと…それも疑問です。
自分がこれなら続けられるという体操が一番です。

きついだけでまったく興味がない体操であれば、
思うように効果が出なければすぐにやめたくなるものです。